Kindle Fire に CM は必要か?

 先日、TVで Kindle Fire HD のCMを見て思ったのですが、このCMって必要ですかね。Kindle Fire、細かな性能の良し悪しはありますが、正規の手段で使えるアプリが圧倒的に少ないと言う点で、致命的な問題を持ったタブレットです。他のタブレットで簡単に出来ることが、アプリが無いのでできない、と言う事が頻繁にあります。最初から、できる事とできない事を理解した上で買う人には、値段は安いし、悪く無いと思います。でも、CMでイメージ優先で売った場合、使いにくいと評判を下げる可能性もあります。CMよりも力を注ぐべき所があるでしょう。
 また、タブレットそのものより、電子書籍のサービスをアピールする為に、Kindle Fire を売りたいのなら、値引きクーポンでも配る方が良いと思います。例えば…Amazon で、(紙の本の)コミック・小説・ビジネス書の年間購入数が多い人、上位1万人に、Kindle Fire HD 5千円引きのクーポンを配ったとしたら、5千万円分のCMや広告よりも、効果があるんじゃないでしょうか?
 実の所、自分の身の回りで、Kindle Fire や電子書籍を買ってる人、あんまりいません。まずはCM等でイメージ戦略を進めるのも大事なのかもしれません。でも、実際に Kindle Fire を使ってる身からすると、このCMで良いのか、悩んでしまいます。